真空成形

  • TOP
  • 真空成形

真空成形とは熱成形の中でも
広く一般的に普及している
成形方法です。

金型製作コストが安く、短納期!

「真空成形」とはシート状のプラスチックを加熱し、軟化点に達した段階で“型” と“シート” の間の空気を減圧して成形する技術です。

極薄成形に適し、射出成形では困難とされている形状の加工を行うことができる特性を持ちます。

やわらかな曲面を持つ形状を成形することができる上、コストパフォーマンスにも優れていることも優位性の一つです。

制作過程01
制作過程02
制作過程03
製品例

真空成形はプラスチック成形の中に置いて、カバー類などの製造に使用する技術です。

その範囲は卵のケースから自動車用のフロントバンパーまで数多くのものに使用することができます。

真空成形のメリット

Merit

  • 効率が非常によく生産性が高い
  • 型に使用する素材が多く安価に揃えられる
  • 薄い素材の成形や、大きな規模の製品の成形が可能である
  • 小ロットにも対応が可能なため新製品の試作が可能
  • 金型コストが安く、全体の生産コストを抑える事ができる
真空成形のメリット

真空成形の加工事例

Performance

before
after
before
after
製品例

ホットスタンプ成形の紹介

製品例

従来のホットスタンプではできなかった、複雑形状や3D転写、部分加飾をご希望の方は、
ホットスタンプ成形がおすすめです!

真空成形についてのよくある質問

Q&A

試作品として単品の製作は可能ですか?

はい、可能です。

真空成形の良いところ・悪いところは何ですか?

良いところは型代が安く抑えられると言う事です。生産数のロットが少なくてすむのもメリットです。
デメリットは、あまりにも複雑な形状には対応していない事です。

CONTACT

ホットスタンプ成形、ホットスタンプ、真空成形
のことなら
お気軽にご相談ください。